ニュース

コロナの一律10万円給付はいつから?給付の遅さがエグい?!

新型コロナウイルス感染拡大を受けた経済対策で、現金の給付が、一律10万円と決まりました。
一律10万円の給付はいつから貰えるのか調査しました。

スポンサーリンク



一律10万円給付はいつから?給付の遅さがエグい?!

新型コロナウイルス感染拡大を受けた経済対策で、現金の給付が、30万円の予定が一律10万円に…。

現金給付の急な方針転換の理由は?

現金給付の急な方針転換に加え、急な全国の緊急事態宣言も…。
一体政府は何をやっているのでしょうか。

また、ヤフーニュースでは一律10万円の現金給付に決まった背景に公明党の存在が大きいようです。

新型コロナウイルス感染拡大を受けた経済対策で、焦点の現金給付は国民1人当たり10万円とすることが決まった。

連立解消まで持ち出した公明党の強硬な要求に安倍晋三首相が折れた形で、2020年度補正予算案を組み替える異例の展開となった。第2次政権発足以降貫いてきた官邸主導の政治手法が今回ははね返され、首相の求心力低下も印象付けた。

「今、やらないと私も首相もおしまいですよ」。15日午前の首相官邸。公明党の山口那津男代表は首相に語気を強めて一律10万円給付の実現を迫った。複数の与党関係者によると、山口氏はこの際、「連立離脱」の可能性に踏み込んだとされ、あまりのけんまくに首相も動揺を隠せなかった。

出典:ヤフーニュース

ヤフーニュースによると、新型コロナウイルス感染拡大を受けた経済対策で、現金の給付が、一律10万円と決まったのはどうやら公明党の要求があったそうです。

その公明党の幹事長が、給付時期の考えを5月下旬にしたいと述べています。

公明党の斉藤幹事長は、一律10万円の現金給付を盛り込んだ補正予算案を5月の大型連休前に成立させ、早ければ5月下旬にも現金を給付したい考えを示しました。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急経済対策をめぐっては、政府は公明党が求める一律10万円の現金給付に対応するため、今年度の補正予算案を組み替える方針を固めました。

「遅くとも6月初旬。5月下旬から6月初旬にはお手元に届くようなスピード感を持って行うことが大切だ」(公明党 斉藤鉄夫幹事長)

これを受けて斉藤幹事長は、補正予算案を5月の大型連休前には成立させ、早ければ5月下旬に現金10万円が国民に届くようにしたいとの考えを示しました。また、現金給付の方法としては、年金システムを利用することなどを例に挙げ、基本的には申請方式になるのではないかとしています。

安倍総理は17日午後6時に記者会見を行い、緊急事態宣言の対象を全国に拡大したことや、現金10万円の一律の給付へ方針転換したことなどについて説明することにしています。

出典:TBSニュース

一律10万円の給付に決定させたのが公明党の力?だとすると、その幹事長が5月下旬って言うならやはり、一律10万円の現金給付は5月下旬ではないでしょうか!?

スポンサーリンク



一律10万円給付はいつから?世間の反応は?

現金一律10万円の給付が報道されてから、やはり、いつ10万円が給付されるのか知りたいコメントが多いですね!

また、10万円の給付時期の他に、疑問の声を調査してみました。

まとめると

  • 赤ちゃんにも貰えるか
  • どうのように貰えるか
  • どこで貰えるか
  • いつから貰えるか→おそらく5月下旬と思われる
  • 今後増税はされるのか
  • 経済が回るのか
  • 外国人にも給付されるのか

ですね。

一律10万円給付はいつから?まとめ

一律10万円は、ずばり

2020年の5月下旬

から給付されると思われます。

今から約1ヶ月です。
現金10万円を、一律に切り替えたとしても一か月かかりそうです。

スポンサーリンク